9月26日まで、エックスサーバーで「独自ドメインプレゼントキャンペーン」!更新料金も無料!サーバー新規開設が条件です。

[WordPress] 固定ページと投稿ページの違い

[WordPress] 固定ページと投稿ページの違い
アイキャッチ画像は

AnnaERによるPixabayからの画像

固定ページと投稿ページって何が違うの?

固定ページ:「公開」ボタンを押すだけでは、ブログに表示されない。「表示させる設定」が必要。

投稿ページ:「公開」ボタンを押しただけでブログに表示される。

固定ページをメニューとして表示させる設定は、以下の目次の3番にまとめてあります。

固定ページと投稿ページを使い分ける基準は?

固定ページと投稿ページの一般的な使い分けの基準は、「独立したメニューにしたいかどうか」だと思います。

例えば当ブログですと、以下が「独立したメニュー」です。

  • Top(固定ページメニュー 注1)
    >当ブログについて(カテゴリーメニュー)
  • 準備(カテゴリーメニュー)
  • 運営(カテゴリーメニュー)
  • Cocoon(カテゴリーメニュー)
  • WordPress(カテゴリーメニュー)
  • サイトマップ(固定ページメニュー)
  • Contact(固定ページメニュー)

注1:私の場合、Topページは自作の固定ページではありません。「ホーム」という名前で、「固定ページ」のセクションに初期設定で用意されていました。追加した後は、固定ページではなく「カスタムリンク」という表示になっています。

「カテゴリーメニュー」については当記事では触れません。

独立させて、ヘッダーやフッターに「メニュー」として表示させたいことは、「固定ページ」を使って書くのが一般的です。

「固定ページ」を使ってメニューにすると、目立つ位置に表示できます。

ちなみに、投稿ページも同じようにメニューにできるので、このポイントは決定的な違いではありません。一般的に、このように使い分けられている、ということです。

固定ページに適している内容は?

以下の5つは、「固定ページ」で作成する方が多いです。

  • プロフィール
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • コンタクトフォーム
  • 追記:トップページ

私の場合は、「プライバシーポリシー」を「当ブログについて」というメニューの下に入れたかったので、普通の「投稿ページ」で作成しました。(追記:固定ページで作っても、メニュー下に入りますので、投稿ページにする必要ありませんでした★。)

追記:「トップページ」がイロイロ工夫されているのは、どうやって作っているのだろうと検索しました。「固定ページ」でトップページを作れるそうです!!私も挑戦してみます。

いくみ
いくみ

どんな時に、投稿ページをメニューにすると良いかをご紹介します。

メニューにすると効果的な投稿ページとは?

「目立たせたい1押し記事」や「自ブログのリンクまとめページ」などに使うと効果的だと思います。

普通の投稿記事は、古い記事がだんだん埋もれていってしまいます

大きなブログに育つ程、トップページやカテゴリーページを表示させても、最新ページに表示されない記事数が増えていきます。

それを防ぐ簡単な対策としては、以下3つがあります。古くても一押しの記事に適用します。

  1. [ブログのトップに固定]機能を有効にする。[ブログのトップに固定]を設定した記事は、トップページで常に1番上に表示されます。古くなっても是非読んでほしい記事に設定できますね(カテゴリーページでは通常の順番)。
  2. 埋もれてほしくない記事をメニュー化する。メニュー化すると、好きな場所に配置できます。(手順は次のセクションにまとめました。)
  3. 追記:Cocoonの機能を使って目立たせる。以下の記事にまとめました。
    [Cocoon] アレ、何て名前? そして、新機能「おすすめカード」登場!

[ブログのトップに固定]機能の使い方

[ブログのトップに固定]機能は投稿画面横の[文書]タブにあります。

ここで、[ブログのトップに固定]を選択した記事は、トップページで常に1番上に表示されます(カテゴリーページでは通常の順番)。

WordPress[ブログのトップに固定]オプション

注:[文書]タブが見つからない!と思ったら、[公開する]ボタンの右にあるアイコンをクリック。

対策2のほうが、場所を選べる分、自由度は高いですね。

私の場合、いずれは、以下の記事をメニュー表示させたいと思っています。

まだまだ記事数が少なくて埋もれていないので必要無いのですが、埋もれ始めたら独立させたい、当ブログのまとめリンク集です。

普通の記事はタイトルが長いからメニューとしては・・・とお感じになるかもしれませんが、記事タイトルとは別に、短い「メニュータイトル」をつけられるので大丈夫です。

投稿ページをメニューにする手順は?

普通の投稿記事をメニューにする手順はこちらです。

1.[外観]>[メニュー]をクリック。

WordPress投稿ページ>メニュー

2.[メニュー項目を追加]の[投稿]を表示させます。▼をクリック。

WordPress[メニュー項目を追加]>[投稿]

3.[最近]、[すべて表示]、[検索]タブがあります。メニュー化させたい記事を見つけるのに便利なタブをクリック。お目当ての記事にチェックを入れて、[メニューに追加]ボタンをクリック。

WordPress投稿ページを[メニューに追加]

4.右側の[メニュー構造]にその記事がメニューとして表示されます。

WordPress投稿ページをメニューに追加、[メニュー構造]

4-1.場所を変えたい場合、ドラッグ&ドロップで移動させます。

4-2.投稿ページメニューの名前を変更したい場合は、▼をクリックします。

4-2-1.[ナビゲーションラベル]に表示されているタイトルを消して、お好きなタイトルに変更します。

WordPress投稿ページをメニューに追加、タイトルの編集[ナビゲーションラベル]

4-2-2.「説明」を任意で入力。この説明は、メニュー名の下にうっすらと表示されるテキストです。例は以下です。お好みで。

WordPressメニュー下の説明

5.[メニューを保存]をクリック。(右上と右下にあります。どちらでも。)これで完成です!

WordPress投稿ページをメニューに追加、[メニューを保存]
いくみ
いくみ

記事数が増えてきたら、有効活用したい機能ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました