11月29日18時まで、エックスサーバーで「独自ドメインプレゼントキャンペーン」!更新料金も無料!サーバー新規開設が条件です。

[WordPress] 初めに入れたいプラグイン2つ

最初から、一緒にいよう。

プラグインとは、特定の機能を提供するプログラムのことです。

お好みの機能をもつプラグインを選んで、WordPressに追加できます。

いくみ
いくみ

でも、「プラグインの入れすぎ」には注意だそうです。

WordPressのプラグインメニューから、[インストール]して[有効化]するだけで機能を追加できます。

有効化したあとに、「登録」や「設定」が必要なプラグインもあります。

以下の2つは、WordPressブログの開設とともに追加することが、かなりのブログで推奨されております。ここ3カ月間、私もお世話になっております。

WP Multibyte Patch

 日本語WordPressブログをサポート!
 インストールと有効化の2ステップのみでOK!

WordPressは元々英語で開発されたということで、日本語などのマルチバイト文字に関連した不具合がでる可能性があるそうです。そういう英語ー日本語環境の互換性を保ってくれるそうです。

いくみ
いくみ

縁の下の力持ち!

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

 スパムを撃退するためです!
 インストール・有効化した後に登録が必要です。

スパムは営利目的の悪徳リンクです。ブログ上では、コメント欄がターゲットになります。PVもほぼない、駆け出しのブログだから大丈夫というわけではありません。

いくみ
いくみ

すでに何件か、スパムをブロックした報告がありました。ありがたいことです。

いくみ
いくみ

WP Multibyte Patchのが断然簡単なので、そちらを先に済ませるのがおススメです。

アイキャッチ画像は

Huong NguyenによるPixabayからの画像

インストール・有効化手順 ~ 全プラグインに共通

1.WordPress画面の[プラグイン]メニューから[新規追加]をクリック。

2.赤枠で示したボックスに、追加したいプラグイン名をいれます。

  [注目][人気][おすすめ]などのタブにすでに表示されているプラグインもあります。

3.検索したプラグインのカードが表示されます。例としてWP Multibyte Patchを使用しています。

3-1.カード右下に「使用中のWordPressバージョンと互換性あり」というメッセージがあるかを確認します。

3-2.カード下部にある★マークの評価や「有効インストール数」、「最終更新」も参考にしましょう。

3-3.カード右上にある[詳細情報]リンクをクリックして[説明]や[レビュー]を見ることもおススメします。

3-4.納得したら、[今すぐインストール]をクリック。

3-1~3-3のステップは、とても大切です。

「プラグイン」は便利な反面、ブログに不具合をもたらす可能性もあるものです。

いくみ
いくみ

私はつい最近それで失敗して、エラー対応に追われました。

3-3の「レビューコメント」は、日本語以外がほとんどですが、★マークのスター評価が一緒にあるので、満足度は5段階で分かります。それに人間とは不思議なもので、「ものすごくハッピーなメッセージ」「怒りのオーラを感じるメッセージ」って、他言語でも何となく分かるものです。

4.インストールが完了すると、ボタンが[有効化]に変わります、クリックします。

いくみ
いくみ

「WP Multibyte Patch」プラグインの追加はこれだけで終了です。

何もしなくていいと、得した気分です!

ここまでの手順はすべてのプラグインで共通です。

2つ目に紹介したAkismet Anti-Spamも、1~4のステップでインストール・有効化します。

そのあと以下の設定が必要です。

いくみ
いくみ

お茶でも入れてから~。

2019年度版 Akismet Anti-Spamのアカウント設定手順

1.上記の手順で有効化すると、以下のような画面になります。[Akismetアカウントを設定]をクリック。

2.初めての利用の場合、[API キーを取得]をクリック。

3.[ACTIVATE AKISMET]をクリック。AKISMETを有効化するという意味ですね。

4.必要な情報を入力して[アカウントを作成]をクリック。

このような「アカウント情報」は、必ずまとめて記録しておきましょう。

5.再び英語。無料で利用したい場合は、一番左の[Name Your Price]ボックスにある[Get Personal]をクリック。ご希望の価格でどうぞ、自分のプランを作ってね、みたいな感じですね。

6.無料で利用したい場合、黒いボックスをドラッグで左に移動させて、金額を0にします
(海外在住のため、私の画面では$になっていますが、日本在住の場合は円表示のはずです。)

7.以下のような画面になります。

7-1.黒いバーの金額が0になっていることを確認。

7-2.ブログURLを入力。

7-3.広告の有無などのチェックをつけます。

私が4月に申し込んだ時は、広告に関するチェック項目は無かった気が・・・あったのかな?

ここはすべてチェックを入れないと、次にすすめません。商用サイトは無料版ではなく、有料版にしてほしい、ということみたいですね。
申し込みはブログを立ち上げてすぐのタイミングが良さそうですね。

7-4.& 7-5.名前と名字を入力。

7-6.[CONTINUE WITH PERSONAL SUBSCRIPTION]をクリック。

8.確認メッセージがあったら、[Activate this site]をクリック。

Akismetですが、画面がよく?更新されるのか、手順のサイトを見ると何種類かの画像が見つかります。自分が見ている画面と合わない!と思うこともあるかもしれません。英語のメッセージもありますが、そんな時は英語の意味を確認して進みましょう。

当記事の画面は、途中までは確認のためにやり直しているので最新ですが、ステップ8と9は、私が4月に設定したときの画面です。

このステップ8の後に、もう一段階、OK!みたいな画面があった気がします。スクショを取り忘れているかも、スミマセン。あったとしても、確認のメッセージだったはずです。

9.APIキーが発行されます。アカウント情報と一緒に保存しましょう。WordPress画面でも設定するので、コピーしてください

10.取得したAPIキーをWordPress画面で設定します。
  [設定]メニューの[Akismet Anti-Spam (アンチスパム)]をクリック。

11.空白のボックスに、コピーしたAPIを貼り付けて、[APIキーを使って接続する]をクリック。

12.[コメント][厳密度][プライバシー]に関する設定をお好みで選択して、[変更を保存]をクリック。私は初期設定のままです。

いくみ
いくみ

完了です!

しばらく利用すると、この設定画面に、ブロックしたスパム数の統計情報が表示されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました