7月2日18時まで、エックスサーバーで「独自ドメインプレゼントキャンペーン」!更新料金も無料!サーバー新規開設が条件です。

2020年5月 いいかげん

いいかげんじゃなくてよいかげん

「マジメだよね」と言われるのが好きではありませんでした。

「つまんない」と言われているような気がして。

実際そういう意味で言われていたこともあったのでしょうし、

良い意味で言ってくれていた人もいるのかもしれません。

初めて社会人になったときも。

もっと遊べ。」というアドバイスが多く。

がんばらなくていいから。」も言われました。

目の前のことにいっぱいいっぱいで、大きな絵を捉えられなかったり、必要以上に時間がかかったり。

いまだに不器用なタイプだと思いますが、新卒当時はそれが顕著でした。

心配して言ってくださっている気持ちは届いていました。

でも。

いくみ
いくみ

どうやって?!

という感じでした。

頑張りたい・頑張らなくちゃと思っていた私にとって、突然力を抜くことはレベルが高すぎたんですね。

こんなにできていないのに頑張りさえしなかったら、一体自分はどうなるのか。という不安があったのです。

最初の数カ月で激やせし、初めての健康診断では、低体重の赤マークがつきました。

中には、「二股くらいできるようになれ。」という意味の分からないアドバイスもありました。

いくみ
いくみ

・・・?!?!

そんな極端なことを言いたくなるくらい、私が頑なになっていたのかもしれません。

そんな中、ある1人の先輩が、

「私の好きなことばがあって。先輩が言ってくれたんだけど、「いいかげん」って。適当って意味じゃなくて、『良いかげん』にやろう、っていうさ。」

と話してくれました。

ご自身が好きな言葉を伝えてくれたのですが、空回りしていた私をとてもさりげなく、励ましてくれていたのだと思います。

適当のいいかげんじゃなくて、良いかげんに、というのは、頑張っている部分が否定された気分にならず、心地よくひびきました。

・・・非常に残念ながら、『良いかげん』という素晴らしいアドバイスも達成できないまま。
  

結局、30代中盤くらいまで、ワークホリックでした。

いくみ
いくみ

無趣味コンプレックスを増幅させつつ。

時々、この「良いかげん」をあたたかく、同時に切なく思い出してはいました。

あ~。それができてたら良かったなぁと思います。

ブログ運営も、本当は、がむしゃらに頑張りたいものの・・・。

すると、どこかにひずみがでるだろうな・・・。

と思い、最初から、マイペースを保つことを心がけています。

そしてそれは、一応1年続けられている理由の1つだと思います。

時には、記事数を増やしたいあまり、ブログを書く時間欲しさに、夫や娘に良くない態度をとってしまうこともあるんですけど・・・。

いくみ
いくみ

なので常に、自分に思い起こさせないといけない言葉です。

がんばるのはいいけど、良いかげんで。

「がむしゃら」をしても、自分を保てる器の方は良いと思うのですが。

こう・・・。

極端になってしまって、激やせしたり、就職3年目には成人性アトピーも発症した私は、やっぱり「良いかげん」でいくのが無難です。

1年以内に100記事いきたいな~は、ちょっと頭にあったので、達成できなかったのは残念ですが★。

続けられていることで、良しとします。

でももしかしたら、この「かげん」って、高等テクかもしれないですね。

お湯かげん、サジかげん、力かげん、手かげん。

これらはすべて、熟練した人がうま~くできるタイプのことですよね。

初心者やアマチュアであるほど、「かげん」ができなくて失敗したり事故が起きてしまいます。

私自身、あんなに頑張っていたのに、失敗をしてばかりでした。

・・・頑張りどころが違うんでしょうね。

切ないものです。

失敗するときって、今でもそんな感じかもしれません。

いくみ
いくみ

実は未だに、私は「良いかげん」をできていないんだろうな・・・。

と思います。

できるようになりたいという願いを込めて思い出すことにします。


ブログって自己表現なので、否応もなく、自分が出るものですよね。

自分のブログを見て。

いくみ
いくみ

・・・マジメかもしれない・・・。

と自覚するようになってきました。

「もっと遊べ」と「がんばらなくていいから」も、ちゃんと受け止めようと思う次第でございます。「がんばらなくていいから」は、「焦るな」とか「楽しめ」ということなんでしょうね。

ハチマキして、親の仇をとりにいくような顔をしていたのかもしれません。
 

「二股」アドバイスは・・・何かふか~い意味があったのか、ノリで言った意味のない発言だったのか不明なままです。

・・・気にせずにおきます。ただ、この先輩は、ものすごく「デキる」方で皆に頼りにされていました。「計画はゴール設定から逆流してたてろ」というまともなアドバイスもくださいました。

懐かしや。新社会人時代。

今年はきっと、迎え入れる側も、入社した側も、何かと特殊な雰囲気になってしまっているのかなと想像します。

同期や先輩と食事して、気軽に何か相談したりという機会も・・・ほぼ無いことでしょう。

5月病ということばもありますから、「良いかげん」を目指したいところですね。

目指すことすら、どうやって?!

と思う方は、「肩の力を抜く」「深呼吸する」「笑う」『ひと時』を少しずつでも増やしてみてくださいね。

仕事の仕方をすぐに変えられなくても、じわ~じわ~とその効果があらわれるかなと思います。

いくみ
いくみ

私も自分に負荷をかけすぎずに、いいかげんで続けていけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました